簡単料理レシピ集:KaBaさんの今日、なに食べる?トップへ 料理の基礎
栄養の基礎
トップページへ 料理レシピメニューへ ハーブ料理のコツへ



その4:食物繊維


かつては消化、吸収されないということで、不要とされていましたが、重要な働きが解明され、第6の栄養素として注目されています。


■ 働き ■
食物の水分を食物繊維が吸いとってふくらみ、腸壁を刺激し、排泄物をふやして便通を整え、体内の有害物質の排泄をうながします。
不足すると、便秘や大腸ガンの原因になります。

■ とり方 ■
魚や肉には、ほとんど食物繊維が含まれていないので、魚や肉をとるときには、必ず食物繊維を含む食品を一緒にとりましょう。

「きんぴらごぼう」や「五目豆」など、ごぼうや大豆、切干大根などをつかった常備菜を作っておくと、食物繊維をとりやすいと思います。

■ 1日に必要な量 ■
20〜30代の女性 : 20g
20〜30代の男性 : 20g

■ 主な食品 ■

食品 含まれる
食物繊維の量
 ごぼう 50g 4.3g   
 切干大根 乾燥 20g 4.1g   
 大豆 乾燥 20g 3.4g   
 おから 50g 4.9g   



前へ その1:三大栄養素
その2:ビタミン
その3:ミネラル
その5:栄養の基礎のまとめ
次へ


コレステロール・食物繊維早わかり 大好き!寒天のおかず 玄米でおうちゃくダイエット―シンプル・マクロビオティック ミネラル、食物繊維たっぷり体にやさしいヘルシーお菓子


[ 簡単レシピ | 作りおきレシピ | 手間暇レシピ | ハーブ料理レシピ | 乾物料理レシピ ]

トップ | プロフィール | 「食」日記 | ハーブ料理のコツ | 料理の基礎 | 料理リンク集 | 乾物屋リンク集
ご意見、ご感想を KaBa までお願いします。
Copyright &copy 1999-2005 Kobori  All rights reserved.