簡単料理レシピ集:KaBaさんの今日、なに食べる?トップへ

タイムの育て方/レシピ

あなたもハーブを育ててみませんか?
自分で育てれば必要な時に必要な量を料理に使えて便利ですよ。
ぜひチャレンジしてみてくださいね。




タイム タイム
科名:シソ科
分類:常緑小低木
原産地:ヨーロッパ南部
主な
利用法:
肉や魚の臭み消し、ブーケガルニなど幅広く使える




食用はもちろん、香料、薬用、観賞用と、最も広く活用されるハーブの1つです。多くの品種がありますが、料理に使うのは主に「コモンタイム」です。レモンの香りがする「レモンタイム」も料理やハーブティで使われます。
1年中収穫できます。生のままでも使えますし、花が咲き始めたら株元から7〜8cmのところで切り、乾燥させて保存します。



薬効・栄養・健康成分

芳香が強く、殺菌力があります。
殺菌効果を利用して肉・魚料理に加えると食中毒予防の効果があります。
咳や喉の痛みには、フレッシュの枝5〜6本の葉をしごき落としてハーブティーを入れ、冷ましたものでうがいをすると効果があります。




暑さ、寒さに強く、病害虫にもほとんどおかされず、どんなところでもよく育ちます。 但し、風通しが悪いと蒸れて枯れることがあるので、通気性が良い場所で育てます。




種子から育てることも出来ますが、香りなどが変わったものが出やすいので苗木を買い、挿し木でふやすのがいいようです。
挿し木は4〜6月、9〜10月に木質化した部分の枝を10cmほど切りとって下葉を3〜4cmほど除いて挿します。
水やりは土の表面が乾いてから2〜3日後にたっぷり(下から水が流れ出るくらい)やります。



レシピ

・チリコンカン
・エビのハーブロースト
・いわしの香草揚げ
・ミートソース

◆イタリアンパセリ  ◆コリアンダー  ◆サンショウ  ◆シソ  ◆セージ  ◆タイム
◆チャイブ   ◆バジル   ◆パセリ   ◆ミント   ◆レモングラス   ◆ローズマリー

[ 簡単レシピ | 作りおきレシピ | 手間暇レシピ | ハーブ料理レシピ | 乾物料理レシピ ]

トップ | プロフィール | 「食」日記 | ハーブ料理のコツ | 料理の基礎 | 料理リンク集 | 乾物屋リンク集
ご意見、ご感想を KaBa までお願いします。
Copyright &copy 1999-2005 Kobori  All rights reserved.