食材インデックス あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

簡単料理レシピ集 > 食材インデックス > かぼちゃ

かぼちゃの基礎(選び方/保存方法/栄養価など)

かぼちゃの基礎

◆ 分類 ◆ウリ科
◆ 原産 ◆南米
◆ 旬 ◆6月~9月。この頃のものは甘みが強い。冬に出回るものは、輸入ものが主。

かぼちゃの選び方

へたが乾いているのは完熟している。固くて重いものがよい。切って売られているものは、種とワタの部分が断面からへこんでいないものがよい(種やワタから先に傷むので)。実の厚みがあり、色が濃いものがよい。

かぼちゃの保存方法

切っていないものは、室内の涼しい場所で1~2ヶ月保存できる。
切ったものは、種とワタを取って、ラップに包んで冷蔵庫の野菜室へ。

かぼちゃの栄養価

カロチン(体内でビタミンAになる)が豊富な緑黄色野菜。ビタミンB1・B2・Cも多く含まれている。また、カルシウム、鉄もバランスよく含まれている。
  【 → 栄養価について】

かぼちゃの安心できる食べ方

皮の表面に農薬が残留する。流水で表面をタワシやスポンジでこすりながら洗う。洗うことで相当除去できる。
更にしっかり除去するには、皮をところどころまだらに剥き(かすりむき)、皮の中の農薬を引き出しやすくする。ゆでることでほとんど除去できるが、一度ゆで汁を捨てて、再び水を加えて煮ると安心できる。

豆・栗・かぼちゃ・芋のお菓子と料理 野菜と玄米 野菜美人 いも栗かぼちゃ料理と菓子