食材インデックス あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

簡単料理レシピ集 > 食材インデックス > にんじん

にんじんの基礎(選び方/保存方法/栄養価など)

にんじんの基礎

◆ 分類 ◆セリ科
◆ 原産 ◆アフガニスタン
◆ 旬 ◆1年中出回るが、秋から冬にかけてが量も多く、味も良好。

にんじんの選び方

にんじんの首の部分に黒ずみがないこと。茎の切り口が小さいものがよい。太いものは、中に青みがかった芯があり、この部分は固くてまずい。
(×:切り口に近い部分が青みがかっている)
(○:ひげ根が少ない)
(○:先端がピンとしている)

にんじんの保存方法

夏は腐りやすいので、新聞紙に包み、さらにポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。他の季節は新聞紙に包み、通気性のよい場所に置く。(湿気があると腐りやすい)

にんじんの栄養価

にんじんはカロチンが豊富。しかも、βカロチンが60%。カロチンの吸収をよくするには、油とともにとるのが効果的。ビタミンCを破壊する酵素が含まれているので、生で食べるときには、レモン汁か酢を加えて食べる。

αカロチン体内で1単位のビタミンAになる。
βカロチン:体内で2単位のビタミンAになり、αカロチンよりも栄養的な効果が高い。
  【 → 栄養価について】

にんじんの安心できる食べ方

皮や葉に農薬が残るので、流水で、タワシやスポンジを使って20~30秒ほどこすり洗いする。皮をむけば農薬の除去率が高くなるが、カロチンは皮に近い部分に多く含まれているので、薄く皮をむく。
生で食べるときは、上端部分から1cmほど切り落とす。

にんじんのレシピ

  ・にんじん(人参)サラダ
  ・切干大根のシャキシャキ漬け
  ・ひじきの炒め煮
  ・きんぴらごぼう
  ・五目豆
  ・ビーフシチュー
  ・ミートソース
  ・豚しゃぶのマスタード ドレッシング和え&スープ

菜菜ごはん ニンジンの絵本 ベータカロチン、リコピン、ポリフェノールなど話題の成分の薬効を解説 じゃが芋、にんじん、玉ねぎのおかず