食材インデックス あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

簡単料理レシピ集 > 食材インデックス > トマト

トマトの基礎(選び方/保存方法/栄養価など)

トマトの基礎

◆ 分類 ◆ナス科
◆ 原産 ◆南米アンデス山地
◆ 旬 ◆夏。量が多くて安いのは5月~9月。

トマトの選び方

裏返しても色ムラがなく、重くて、へたが緑色でピンとしているものがよい。
(×:へたが、黒褐色のものは鮮度が落ちている)
(×:軽いものは、中が空洞のものがある)
(○:水につけて、沈んでいくのが熟しているもの)

トマトの保存方法

ポリ袋かラップに包み、へたを下にして冷蔵庫の野菜室へ。
冬期のトマトの中には完熟していないものもあるので、温度が下がらない室温で保存してもよい。

トマトの栄養価

ビタミンC・B1・B2・B6、カロチンの1種であるリコピンを含んでる。
カリウムも豊富で、体内の塩分の排出を助け、高血圧に有効。腎臓内の老廃物の排泄を促す作用もある。
トマトのビタミンCは破壊率が低く、さらに一緒に食べた他の食品のビタミンCを守る働きもある。
但し、露地ものとハウスものでは栄養価の面で大きな違いがある。露地ものは、樹上で栄養を補給しながら熟すのに対し、ハウスものは実が若いうちに収穫するので、果実内の栄養分を分解しながら熟していく為。
  【 → 栄養価について】

トマトの安心できる食べ方

表皮に農薬が残留するので、水を流しながら、表面をふきんなどの柔らかい布でこすり洗いすると、ほとんど除去できる。皮をむけば、さらに安心して食べられる。

トマトの調理のポイント

切ったまま放置しておくと栄養価が損なわれるので、なるべく食べる直前に切るようにしましょう。

トマトのレシピ

  ・サルサソース
  ・トマトとオクラの冷し麺
  ・豆腐のイタリアングラタン
  ・ビーフシチュー
  ・豚しゃぶのマスタード ドレッシング和え&スープ

 [トマトの水煮]
  ・トマトソース
  ・チリコンカン
  ・ミートソース

 [ミニトマト]
  ・サラダそば

トマトクッキング 極上!お取り寄せブランド野菜&フルーツ 永田農法「極上トマト」をベランダで作る トマト&緑黄食野菜の効用