食材インデックス あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

簡単料理レシピ集 > 食材インデックス > にんにく

にんにくの基礎(選び方/保存方法/栄養価など)

にんにくの基礎

◆ 分類 ◆ユリ科
◆ 原産 ◆中央アジア、西アジア、インドなど諸説あり
◆ 旬 ◆貯蔵品は1年中出回る。暖地種は5月、寒冷種は7月に収穫される。

にんにくの選び方

1年中出回る貯蔵品は、持ったときにずしりと重く、粒が大きくてかたいものがよい。
新にんにくは、薄皮が白くてはりがあり、みずみずしいものがよい。
(×:芽が出てるもの。栄養成分が芽に取られてしまっている)
(○:薄皮がピンク色のものは品種の違いなので問題ない)

にんにくの保存方法

風通しがよく、涼しいところに保存する。にんにくは吸湿性の強い炭水化物を含んでいるため、湿気のあるところでは腐りやすく、根の部分にカビが生えるので注意する。
使い切れそうにない時は、味噌や醤油、酢、オイルなどに漬け込むとよい。
また、個房にわけて薄皮をむいた状態で、ジッパー付き袋などに入れて冷凍しておくと便利。

にんにくの栄養価

主要な栄養成分は炭水化物。タンパク質、ビタミンB1、B2、カリウム、リンも含まれている。
主要な有効成分はアリシン(硫化アリルのひとつ)。アリシンの代表的な効果は殺菌・抗菌作用。このほか、抗血栓作用、抗酸化作用、解毒、滋養強壮作用、消化液の分泌促進など。
  【 → 栄養価について】

にんにくの効果的な食べ合わせ

◆ビタミンB群を多く含む食品との場合◆
 代謝が高まって疲労回復効果がアップする。

◆ビタミンC、Eを多く含む食品との場合◆
 老化の原因となるからだの酸化を防ぐ働きが強化される。

◆抗血栓作用のある食品との場合◆
 イワシやサバなどEPAやDHAを豊富に含む食品と組み合わせることで血行促進を強化。

にんにく摂取の注意

にんにくは刺激が強いため、過食は禁物。粘膜を刺激しすぎて胃痛や胸やけを起こす。また、強力な殺菌作用から、食べ過ぎれば腸内の有益な細菌まで殺してしまう。
1日に食べる量は、生で1かけ、加熱したもので3かけまで。また、胃腸が弱っているときや空腹時は控えたほうがよい。

にんにくのレシピ

  ・にんにく醤油     ← 特にオススメ!
  ・にんにくオイル&にんにくチップス
  ・春雨のうま煮
  ・豚肉の幽庵焼き
  ・フレンチドレッシング
  ・チリコンカン
  ・手作りソーセージ
  ・トマトソース
  ・ミートソース
  ・いわしの香草揚げ
  ・ポテトグラタン
  ・エビのハーブロースト
  ・イタリアンパセリのオムレツ
  ・オニオングラタンスープ

にんにく料理が食べたい にんにく・唐辛子 しょうがの料理 にら、にんにく、ねぎ、玉ねぎが効くレシピ108 元気なごちそう、にんにく料理